主婦の空いた時間にできる在宅ワーク

syuhunoaitazikannご主人のサラリーだけでは生活が厳しい場合は専業主婦で家事をしているだけではなく空き時間を利用して在宅ワークをする世帯は少なくありません。特に在宅ワークをするケースが多いのは子育てママです。最近、問題になっている保育園不足です。待機児童が増えているのは社会的な問題になっています。

それだけではありません。幼いころには母親がしっかりと面倒を見たいという方針の家庭もあります。ご両親の介護問題もあるでしょう。生活環境によったら外にでて仕事をするのは困難なケースもあります。

ですが主婦の仕事は楽なのでしょうか?

一概にそうは言えません。早朝から家族の朝食をつくったあと送り出し。洗濯をして家の掃除があります。昼食を作った後、お買い物やお子さまの世話があります。そうしていると夕食の準備があります。これ以外にも雑用がありますから案外と自由になる時間はありません。じゃあ、ずっと忙しいかと言うとそうでもありません。洗濯機は全自動ですし食洗機もあります。ロボット掃除機にまかせておけば、その時間は他のことができます。

そんな隙間時間にできるのが在宅ワークです。選ぶ場合には自分が一日でどの程度仕事をする時間があるのかをチェックしておく必要があります。

子育てママの場合は子どもが昼寝をしている時間に限定されるかもしれません。必然的に仕事ができる時間は限られます。また主婦と言えども休憩時間は必要です。身体を壊してしまうと本末転倒になります。

いかがでしたでしょうか?

自分がどの程度時間が使えて、在宅ワークをこなせるペースはどの程度かを身決めた上で探すことが大切です。

これから家でできる仕事を始めたいという方は【自宅で副業】空き時間に家でできる仕事をお探しの主婦に見て欲しい副業紹介サイトを参考にしてみて下さい。

写真を副業になるかも知れません

syasinwohukugyou近頃ではiPhoneやAndroid携帯などのスマートフォンが普及しているので写真を撮影するのが日常的になって生活に馴染んでいます。TwitterやFacebookやLINEなどの普段の生活のワンシーンをアップします。旅行の写真やイベントの写真を紹介することもあるでしょう。世界に向けてあなたが撮影した写真を公開できる……そんな世の中です。

対象が人物であることもあるし、風景であったりもします。それは撮影者の興味がどこにあるかによって被写体はちがいます。写真の醍醐味でもあります。こういった写真が副業になるかもしれません。

副業にするからにはiPhoneやAndroid携帯などのスマートフォンの撮影ではだめでしょう。キチンとしたカメラが欲しいです。これは初期投資ですが結構高額です。また経験もないのにカメラを副業にしたいからと購入する人はいないでしょう。一眼レフのデジカメを持っている人が試してみる副業です。

仕事はとてもシンプル。

自分が撮影した写真をインターネットで販売するだけです。被写体は風景でも人物で構いません。撮影した写真を指定のサイトにアップロードするだけです。そんな写真販売サイトがあるのです。さまざまなサイトに複数登録してチャネルを広げておくことが大切です。

写真の販売価格は自分で決めればいいです。これは需要と供給の関係です。写真を欲しいユーザーがいくらお金をだすかです。レアな写真ならば高額でも買い手がつくでしょう。写真のクオリティが高いのは最低条件です。

注意したい点はないのでしょうか?

写真ですから著作権や肖像権には注意しておかなければなりません。知らない人を許可無く撮影することはだめです。違法行為にならないように注意しましょう。こういったことはしっかりと自分で勉強しておくべきことです。

好きなことを本業にできれば最高です。そういったことができる成功者は努力と才能が結実したのです。ほんの一握りの人達に限ります。一般人は趣味の延長で副収入を貰えれば御の字とみればいいでしょう。